エル*ノート (笑)

メイプルストーリー欅鯖にいます。内緒、全チャでの「ブログ見てます!」随時受付中ですpq                                    メイン稼動は龍ROKIA龍ですが、エルって呼んで欲しいです><
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追記先書いたから追記だけで保存しそうになった
エルだよ。明日ネカフェ行けたらいいなー
ハインズの家に入った。
静かで落ち着けるところ・・・

ではなく
たくさんの人で賑わっていた。

「かくれんぼの鬼チームは→きてー」

「逃げるのは←。小MAP使うなよー」




Σ(゜Д゜;)

エリニアってたくさん人がいるね(´・ω・`)

またchを変えてハインズに話かける。

「魔法使いになるには(以下略」

「はい、やりまーすヽ(´▽`)ノ」






「よし。これで魔法使いd(以下略」

「よっしゃーどのぐらい強くなったかなーー!」

ん?


・・・


あれれ?


・・・







何も変わってなくね!?
5話へ続く
[第4話]の続きを読む
スポンサーサイト
題名決めるのめんどいから
ここらへんからフィクション混ざるカモ((((
コメントが順調に増えてるんじゃね?@v@
コメ返信は追記ね
なんと、エリニアにはかなりの人が集まっていた・・・
なんかハゲ頭の巨大なおっさんがエリニアのハインズ宅前にいるのだ@@;
これではハインズのところへ行けない・・・

・・・


・・・・


・・・・・

仕方ない。特攻だ(ぇ

その頃自分はまだchというものを知らなかった。回避するすべを知らなかったので
突っ込むことしか考えられなかった。職につけば死ぬたびにデスペナルティが
科せられるらしいが、幸い自分はまだ初心者(`・ω・´)

突っ込んだ!

ヒュー



・・・・

墓が落ちてきたぜw

そのころ近くの人が

「8レベなのに大親分に突っ込んでくるなよwwwwwwwwwwwwwwwww」

っていってきたので

「大親分って強いんですか?」

ときいたら

「初心者ktkr。ch変えていけよ(」

「chとは?」

「ぉぃぉぃ('A
chっていうのはチャンネルのこと。
メニューから変えていけば大親分はいないぜww」

「そうだったんですか@@;」

今さら墓姿の自分に気づいて恥ずかしくなったが・・・
OKを押して復活し、chを変えてハインズの家に乗り込んだ・・・


4話へ続く
[第3話]の続きを読む
SSを加工してエルのアイコンを作っていたエルです(
こんな感じエル
これプロフにしたいんだけどね(
ネカフェにいこうかなーとか思っていたけど週末がつぶれたので無理になりました;

なぜ魔法使いを続けなかったのか、それは
魔法使いを作っていった過程を見ながら話したいと思う。

魔法使いを作ろうと思って
メイプルアイランドにやってきたオレ。

その頃は初心者講習所もなくて、何もわからないまま出てくる「X」などを
頼りに進んでいた。

クイズに答えるクエストをこなすうちに、メイプルストーリーが
どんなものかわかっていった。
クイズによると魔法使いは8レベルで転職できるらしい。

8レベになるとワクワクしながら船にのり、ビクトリアアイランドへといった。

一番最初についた町、リス港でいきなりつまづいた。

どこにいけばいいかわからなかったのだ。
オンラインゲームをプレイするのは初めてで、ポケ○ン
のような感じでジムを淡々と攻略するのではないと知っていたので、
何をすればいいかわからなくてただただウロウロしていた。

そのうち片っ端から話しかければいいことに気がついて
話しているうちにタクシー兼説明役にあって
とても安心したのは内緒(’

魔法使いはエリニア、と聞いてエリニアに向かったのだが・・・

[第2話 ]の続きを読む
IN率が下がっているのでまともな更新が最近できない!
なので打開策。ブログ小説!

まぁオレのはブログ小説とかいっても今までメイプル出会ってから今にいたることを
できた友達とかも交えて書いていく程度のものですpwq

更新は3日に1回ぐらいですのであしからず。


オレがメイプルにあったのは

・・・

別にたいした出会いがあったわけでもない(

広告(MSN)を見て受験期の息抜きみたいな感じでやってみようかな

最初はそれだけだった。

メイプルストーリーをはじめて最初に思ったことは
システムが複雑だと思った。
その頃はまだ小学生で、能力値の振り方、スキルポイントの配分・・・
分からないことばかりでその頃からインターネットを使って調べる、という感覚がついた。

レベルが1あがるたびにものすごいニヤニヤしている自分に気がついたとき
自分がいやになったことがあるw

ちなみにその頃はタイピングも遅くて全然ヲタクでもなんでもなかったのに
現在の自分の用になってしまったこともあまり嬉しいことではないね

最初公式HPで見てやろうと思った職業は魔法使い
特に魔法使いの氷雷魔をやってみたかった。
サンダーボルトをヘネシスの狩場1でみたことがあり、魔法使いのどれにするかそのときにきめたね

その頃作ったキャラの名前は 幻氷虎  自分でもねーみんぐせんすがあるとは思えないが・・・

それでもそのまま根気よく続けてればオレも佐田んみたいになったかも知れない(´・ω・`)

なぜ今のエルになったか、それは・・・



2話に続く
[第1話 メイプルストーリー]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。